×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


 携帯(スマホ)が発する電磁波が人体に与える影響等を川柳に
 リスクを警告する川柳を作ってみました



  
  デスゾーン ここの通過で みな被爆 知らぬ乗客 怖いものなし
  ※デスゾーンで電源の入ったスマホを持つのは避けるべきです

  
  
  そのスマホ ここで持てば みな被爆 知らぬものには 怖いものなし
  
  
  馬鹿ママの 赤子抱く手に スマホあり 操作終えて ズボンのポッケへ
  ※赤ん坊のポケットにスマホをしまうなんて子供が可愛そうです・・・

  
  
  昇降機 油断すると 背後には スマホ使った 電波攻撃
  ※エスカレーターにおいて後方からスマホ電磁波攻撃には
  うんざりです加害者にはそんな意識はないのだろうけど・・・

  
  
  ホームでの 整列乗車は マナーでも スマホ整列 ドミノ被爆 
  ※前向いてスマホ操作して整列すれば・・・

  

  そのスマホ ここで使えば 危険物 知らぬものには 怖いものなし
  
  
  列車内 突然出力 急上昇 千倍リスクの デズゾーン
  ※デスゾーン通過時は電磁波出力が通常の1000倍以上となります。

  
  
  デズゾーン その存在を 知る物は 残念ながら 皆無に等し
  
  
  ラッシュ時の 車内スマホの 揃い踏み 電磁波攻撃 避けるすべなし
  
 
  ラッシュ時の 車内は電磁波 試験場 リスク回避し 時間差通勤  
  ※満員電車の車内は大量のスマホから発する電磁波に
  人体が耐えることができるか耐久試験が白昼のもと実施されている。
 
  
  
  
  デスゾーンとは

  ドミノ(発散)現象とは

  関東のデスゾーン

  東海のデスゾーン

  関西のデスゾーン

  山陽、四国のデスゾーン
 
  九州のデスゾーン

  新幹線のデスゾーン


  測定方法に関して

  トップページに戻る